【まとめ】Cono Sur コノスル調べてみた

フランスの生産地について

こんにちは、しゃんすとです。
「Cono Sur コノスル」について調べてみました。
調べて見た感想
✔︎歴史はまだ短い
✔︎安くて美味い、コスパの鬼(神の雫でも登場)
✔︎多種多様なワイン
⇨大きいベンチャー企業のようなワイナリー
 
✔︎コノスルとは”南向きの円錐”という意味から、”南米大陸”のことを指す
 
✔︎コノスルのモットー(かっこいい)
 ”no familiy trees , no dusty bottles , just quality wine”
・no familiy trees(家系図を描くような伝統はない)
・no dusty bottles(埃を被ったヴィンテージボトルもない)
・just quality wine(あるのは品質が高いワインのみ)
 
✔︎ラベルの自転車マークは「自然のサイクル」と「畑へ向かう従業員への敬意」を表す
 
✔︎設立は1993年
 
✔︎2000ha(長期契約畑を含む)
 
✔︎葡萄畑は40箇所、南北900km、独自のテロワール
 
✔︎2002年以降、ほぼ全ての白、ロゼ、ピノノワール、早飲みタイプの赤ワインの栓をスクリューキャップに変更
 
✔︎世界最大のPinot Noir生産者
 

ワイン作りのこだわり

オーガニック農法

肥料や農薬、除草剤、殺虫剤を使わないオーガニック農法を推進しており、340haがオーガニック畑となっている。
 
✔︎ブドウの搾かすや茎などから作る肥料
✔︎ガチョウによるブリトー対策(害虫対策)
✔︎色とりどりな花を植えることでカリフォルニアトリプス対策(害虫対策)
 ※色に惹きつけられる習性を利用
✔︎白くもによる赤クモダニ対策(害虫対策)
 

ワイナリー

温度管理された大型のワイナリー
特定の葡萄の醸造のために特別にデザインされたワイナリー
 
✔︎合計1,200万リットルのワインを生産できる規模
✔︎1999年ピノ・ノワールブロジェクトを開始するにあたり、プレミアムピノ・ノワール専用のマルタンセラーを設立
✔︎2009年にはピノ・ノワール専用のセラー(一部最近はシラーも醸造されている)も設立している
 
 

コノスルワイン

 

コノスルのワインはその品種の味が非常に分かりやすく出ていると言われております。

私もワインエキスパートの2次試験前にはコノスルのワインを飲み比べて品種特性を学びました。

 

ラインナップ説明については以下のHP参照
https://conosur.jp/

シレンシオ

静寂という意味を持つワイン

✔︎品種:カベルネ・ソーヴィニヨン

✔︎名前の由来

 人は素晴らしいものに出会った時、言葉を失う

 言葉を失う程のクオリティを持つワインとして名付けられた

✔︎「ニューワールドで最高のワインを造る」という夢から生まれたワイン

✔︎初ヴィンテージの2010年までに5年を費やして試行錯誤

✔︎マイポ・ヴァレーのアルト・マイポ地区の葡萄使用

✔︎45樽の原酒を9樽にまで厳選

✔︎生産量はわずか2,400本程度

オシオ

休暇という意味を持つワイン

✔︎品種:ピノ・ノワール

✔︎名前の由来
 日々の悩みから解放され、ゆったりとした気持ちで過ごす時間、よく考え、よく働いた後の、休息の時間
 そんな喜びにあふれた安らかな時間にこのワインが注がれるよう名付けられた

✔︎チリで造られた最初のウルトラ・プレミアム・ピノノワール

20バレル・リミテッド・エディション

コノスルの最高級シリーズ

✔︎品種
 カベルネ・ソーヴィニヨン
 ピノ・ノワール
 メルロー
 シラー
 カルメネール
 シャルドネ
 ソーヴィニヨン・ブラン

✔︎名前の由来
 厳選した最良の20樽(バレル)のみを瓶詰めしたことから名付けられた

✔︎歴史
 ピノ・ノワール(1996年)
 カベルネ・ソーヴィニヨン(1997年)
 メルロ(1998年)
 シャルドネ(2002年)=コノスル初のウルトラプレミアム白ワイン
 ソーヴィニヨン・ブラン(2005年)
 シラー(2008年)

✔︎「20バレル」シリーズ用の特別な畑で葡萄を丹念に育てる

✔︎収穫量を制限し更なる深みと凝縮感を実現

シングルヴィンヤード

「適地適品種」栽培を推し進めてきたコノスルが到達した一つの答え

✔︎品種
 カベルネ・ソーヴィニヨン
 ピノ・ノワール
 カルメネール
 カリニャン
 8グレープス
 シラー
 シャルドネ
 リースリング

✔︎単一葡萄品種を、最適な標高、土壌、気候の単一区画で栽培

✔︎ラベルにはそれぞれの区画番号、区画の名称、地域名が記載

レゼルバ・エスペシャル ”ヴァレー・コレクション”

特別な場面に相応しいプレミアム・シリーズ

✔︎品種
 カベルネ・ソーヴィニヨン
 ピノ・ノワール
 メルロー
 カルメネール
 シラー
 シャルドネ
 ソーヴィニヨン・ブラン
 リースリング
 ゲヴュルツトラミネール

✔︎その「適地・適品種」のコンセプトのもと、各産地(ヴァレー)に最適な品種をセレクト

✔︎各品種を理想的な条件の下で栽培し、それぞれの品種や産地の個性をよりはっきりと表現したプレミアムシリーズ

オーガニック

ラベルに描かれた自転車は、毎日葡萄畑へとペダルをこいでいくファーマーたちのシンボル

✔︎品種
 カベルネ・ソーヴィニヨン/カルメネール/シラー
 ピノ・ノワール
 マルベック
 シャルドネ
 ソーヴィニヨン・ブラン
 グラン・レゼルバ
 カベルネ・ソーヴィニヨン

✔︎コノスル・オーガニックワインの葡萄が栽培されている畑は、化学薬品を全く使用していない

✔︎草花やガチョウ、益虫などの導入

ビシクレタ・レゼルバ

果実味豊かで、それぞれの品種の特徴が楽しめるスタンダードシリーズ

✔︎品種
 カベルネ・ソーヴィニヨン
 ピノ・ノワール
 メルロー
 カルメネール
 シラー
 マルベック
 シャルドネ
 ソーヴィニヨン・ブラン
 ヴィオニエ
 リースリング
 ゲヴュルツトラミネール
 ピノ・ノワール ロゼ
 クールレッド

✔︎「BICICLETA(ビシクレタ)」とはスペイン語で「自転車」を意味します。

コセチャ・ノーブレ

天然の糖分が凝縮された貴腐葡萄と遅摘みのリースリングから造られた甘口ワイン

✔︎品種:リースリング

✔︎名前の由来
 高貴な収穫という意味を持つワイン

✔︎貴腐葡萄の生産に適した世界最南端の栽培地、ビオビオ・ヴァレーの葡萄を使用

✔︎甘味、酸味、ジューシーさや花を思わせる特徴の中でベストバランスを追求

スパークリング

フレッシュな果実の豊かなアロマ、溌剌とした酸味、ミネラル感に溢れたスタイル

✔︎品種
 ブリュット
 ロゼ
 センティネラ ブリュット ブラン・ド・ブラン

✔︎チリ南部、世界最南端の葡萄栽培地であり冷涼なビオビオ・ヴァレーの葡萄を100%使用

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました