【お酒が弱い方必読】厚生労働省が推奨する正しい二日酔いの防ぎ方【それはウコンじゃないです】

ワイン雑学

こんにちは、Chambertin_storyです。

さて、先日、下記ツイートをしました。

f:id:chambertin_story:20200205214850p:plain

▶ ウコン☛根拠なし
▶ チャンポン☛特に関係なし
▶ 牛乳で膜を張る☛根拠なし
▶飲酒の際は食事と水を一緒に☛最強

今回は「二日酔いの正しい防ぎ方とその理由」の話をします。

はじめに

f:id:chambertin_story:20200205223716p:plain

お酒を飲む方で、今まで一度も二日酔いになったことがないという方は、限りなく少ないと思います。

一度くらいはあの頭痛・吐き気、気怠さのどれかを体験したことがあるのではないでしょうか。そしてもうこんな飲み方は二度としないと誓いを立てているかと思います。

私は何度も誓いました。

とはいえ、お酒を飲みすぎてしまうことはあると思いますので、その際に極力二日酔いになりにくい方法についてお伝えさせて頂きます。

二日酔い予防法

f:id:chambertin_story:20200205223826p:plain

二日酔い予防はシンプルに2つ

・食事と一緒にお酒を飲む
・水を飲むこと

え?知っているそれくらいって思われる方もいるかもしれません。

ただこの2つが科学的に根拠のある現実的な方法になります。

まず世間的に二日酔いによいとされている方法には、科学的根拠がないものが多く存在しております。

私が調べた限り、2日酔いになる原因について正確に示した研究は見つかりませんでした。

厚生労働省のHPでは以下のように記載されております。

二日酔いは酒の飲みすぎが原因であることは明白です。しかしほとんど誰もが知っているあのつらい症状が何故起きるのかについては驚くほど解明されていません。有力な説として、軽度の離脱症状・ホルモン異常による脱水や低血糖・体の酸塩基平衡のアンバランス・炎症反応・アセトアルデヒドの影響・酒に含まれるメタノールや不純物などが挙げられています。しかし最も的を射ているのは、単一要因ではなく既述の要因または未だ不明の要因が複雑にからみあって二日酔いが生まれるという説明でしょう。

ちなみに、よく言われるウコンやしじみについては以下のように言われています。

二日酔いにウコンやしじみエキスは効果的?二日酔いの予防・対処法としてウコンやしじみエキスをとるという民間療法がありますが、それらの食べ物の効果は科学的に実証されているわけではありません。むしろ、鉄分を多く含むウコンやしじみは、過剰に摂取すると肝臓を老化させてしまいますウコンやしじみエキスは、二日酔いの万能薬ではないことはもちろん、摂取量によっては肝臓の機能低下につながることを覚えておきましょう。

飲酒の際は食事と水を一緒にとるのが最強の理由

f:id:chambertin_story:20200205224051p:plain

食事と一緒に飲む効果

月並みなアドバイスですが、

胃に食べ物があることで、アルコールの吸収を遅らせることができます。

詳しい理由は以下になります。

胃のアルコール吸収 < 小腸のアルコール吸収

アルコールの吸収は様々な要因に影響されます。手術等で胃が切除されている場合には、飲んだアルコールはいきなり小腸に入ります。小腸での吸収は速いため、血中濃度が急激に上がり、悪酔いの原因になることがあります。同様に空腹時に飲酒をすると、アルコールが胃を素通りして小腸に流れ込むので、アルコールの吸収が速くなります。空腹時に濃い酒を飲むと、アルコールの吸収が加速されて、血中濃度の上昇がさらに速くなるといわれています。これに対して、食事やつまみと一緒にゆっくり飲酒すると、アルコールが胃に留まる時間が延びます。

空腹時は胃の幽門が開いています。また水分によって幽門が閉まることはありません。

「お酒を飲む前に少し食べることで、胃の幽門が閉まります。特に、繊維質や脂肪分が入ると、消化があまり良くないからなのか、長い時間、胃の中に留まるんですよ」とのこと

水を飲む効果

①アルコール濃度を薄める

当たり前のことですが、アルコールの濃度を薄めることで、お酒(アルコール)の摂取量をそもそも抑えることができます。

②脱水症状になることを防ぐ

酔っているときはホルモンの影響でトイレが近くなります。

またアルコールの分解する際に水分を必要とするため、
アルコールを取ると脱水傾向に陥りやすくなり、ホルモンバランスの影響で二日酔いが悪化する傾向にあります。

酔うとトイレに行きたくなる理由☛二日酔いになる理由

酩酊状態から二日酔い状態になっていく間にホルモンの分泌状態が大きく変化するものもあります。尿量を下げる抗利尿ホルモン、尿の排泄や血圧の調整に関係するアルドステロン・レニンなどがこれに当たります。例えば抗利尿ホルモンは、酩酊時にその分泌が下がるため尿量が増えて体が脱水傾向になります。二日酔い時には逆にその分泌が増加します。抗利尿ホルモンのこの変化量は、二日酔いの重症度と関係があると示唆されています。

最後に

最後に改めてお伝えいたします。

結論・お酒飲むときは「適度な食事」「水分」を摂りましょう。

そして楽しくお酒を飲みましょう。

良ければ励みになりますので、こちらもお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【参考文献】

■二日酔いのメカニズム(厚生労働省)

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-03-005.html

■アルコールの吸収と分解(厚生労働省)

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-02-002.html

■二日酔いの治し方。医師に聞く、頭痛・吐き気への対策

https://eonet.jp/health/articles/2017/0914.html

■アルコールの吸収!こんな不思議があります! 酒匠&日本酒学講師 鎌田孝

https://mbp-japan.com/hokkaido/takashikamada/column/101110/

■「空腹でお酒を飲むと酔いが早くなる」って、本当?【日本酒好きの医師に聞く日本酒と健康の関係】
https://jp.sake-times.com/think/health/sake_g_nihonsyu-kenkou_02-04

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました