ラベルが読めるようになるシリーズ『Gevray=Chambertin(ジュブレ=シャンベルタン)』

フランスの生産地について

今回は

どの村の」=「ジュブレ・シャンベルタン村

を紹介していきます。

f:id:chambertin_story:20190920002155j:image

ブログの名前の由来でもあるジュブレ=シャンベルタン

初めて飲んだときなんて美味いお酒があるんだと感動!!、、、と言えればかっこよかったのですが、最初の印象はそうではなかったです、、

香りは最初からすごい好きだなと思ったのですが、味についてはボルドーのより苦くなくて、少し酸味あるけど飲みやすいかな、、、??ぐらいでした。

ただこれは運が良かったのですが、その後もジュブレ・シャンベルタンを飲む機会に何度か恵まれ、飲んでいるうちに、気づいたら好きになってました。(名前がかっこいいっていうのもあったんですかね)

もしかしたらもっと勉強して、飲んでいけばもっとハマるのかな?もっと好きになるのかな?とか思ったりしてます。

、、、不思議なお酒です。

今回はそんな思い入れのあるジュブレシャンベルタンについてです。

①「AOCジュブレ・シャンベルタン」の概要

グランクリュ

③プルミエクリュ

④生産者

①「AOCジュブレ・シャンベルタン」の概要

ジュブレ・シャンベルタン村で作られたワインがAOCジュブレ・シャンベルタンとして認められている。

認められているのは、赤ワインのみでブドウの品種はピノ・ノワールである。

グランクリュは9区画、プルミエクリュが25区画と非常に評価が高いワインが多いAOC

ナポレオンが愛したワインとしても有名である。

グランクリュ

f:id:chambertin_story:20190923182046p:plain

■リュショット・シャンベルタン  3.5ha

■マジ・シャンベルタン  9ha

■クロ・ド・ベーズ 15ha

■シャンベルタン 13ha

ラトリシエール・シャンベルタン  7.5ha

■シャペル・シャンベルタン 5.5ha

■グリオット・シャンベルタン  2.7ha

■シャルム・シャンベルタン  31ha

③プレミエクリュ(主要) 

■レ・カズティエ  

■クロ・サン・ジャック

■ラヴォー・サン・ジャック

■レ・コルボー

■クロ・プリウール

■プティト・シャペル

④生産者

アルマン・ルソー(Armand Rousseau)

ピエール・ダモワ(Pierre Damoy)

ドメーヌ・トラペ(Trapet)

ドメーヌ・クロード・デュガ(Claude Dugat)

ドメーヌ・ドニ・モルテ(Denis Mortet)

次回は

「誰が」=「ピエール・ダモワ(Pierre Damoy)が」を勉強していきます

最後まで読んでいただき有難う御座いました。

また次回

コメント

タイトルとURLをコピーしました