ラベルが読めるようになるシリーズ『Pierre Damoy(ピエール・ダモワ)』

フランスの生産地について

今回は

誰の」=「ピエール・ダモワ(Pierre Damoy)の

を勉強していこうと思います。

 

PIERRE DAMOY

ピエール・ダモワ

f:id:chambertin_story:20190924231250p:plain

==歴史==

1930年代にジュリアン・ダモワ氏により創業されました。
一時期軽いワインを作っている時期もありましたが、4代目のピエール・ダモワ氏が1992年に当主となってからは、果実味溢れる芳醇で力のあるワインを造るようになり、ドメーヌの名声がさらに高まった。

==特徴==

所有する畑の95%がジュブレシャンベルタンで、その中でもシャンベルタン=クロ=ド=ベーズシャペル=シャンベルタンのほぼ半分を所有している(シャンベルタンも一部保有

所有する区画の75%がグランクリュ、、、

単独所有するジュブレシャンベルタン=クロ=タミゾは、平均樹齢は70年

栽培方法はリュット・レゾネをしており、厳しい剪定方法で収穫量を抑えている。

ブドウ自体の品質の向上を図り、果実味溢れる芳醇で力のあるスタイルとなっている。

※リュットレゾネとは、できる限り農薬の量を減らし、環境に最大限配慮したうえで必要最小限度の農薬を使用する栽培方法です。

また収穫をあえて遅らせることで酸を抑え、凝縮された果実味が特徴である。

==ラベル==

コレクションしたくなるような、洗練したデザイン

f:id:chambertin_story:20190924234115p:plain

f:id:chambertin_story:20190924234359p:plain

f:id:chambertin_story:20190924234806p:plain

次回は

「誰の」「ドメーヌ・トラペ(Trapet)の」を勉強していきます

最後まで読んでいただき有難う御座いました。

また次回

コメント

タイトルとURLをコピーしました