ラベルが読めるようになるシリーズ『Morey Saint Denis(モレ サン ドニ)』

フランスの生産地について

今回は

どの村の」=「モレ サン ドニ村

を紹介していきます。

f:id:chambertin_story:20191020225917p:plain

今回紹介する『モレ サン ドニ』は、「ジュブレ シャンベルタン」と「シャンボール ミュジニー」の間に位置する村です。

 そのため「ジュヴレ・シャンベルタンの力強さ(男性らしさ)」と「シャンボール・ミュジニーのエレガンス(女性らしさ)」を兼ね備えていることも一つの魅力です。

f:id:chambertin_story:20191020223801p:plain

写真掲載元『https://www.luc-corp.co.jp/pdf/04Morey%20St%20Denis.pdf

非常に好立地かつ、優秀な造り手がいるにも関わらず、

隣接する両隣の村と比較するとワインの価格が低く、コート ド ニュイ随一のコスパをほこります。

そんな『モレ サン ドニ』を以下4点から紹介していきます。

①「AOCモレ サン ドニ」の概要

グランクリュ

③プルミエクリュ

④生産者

①「AOCモレ サン ドニ」の概要

一番広いのはピノ ノワールの畑であり、いくつかの区画にてシャルドネピノ ブランが植えられている。

グラン クリュは赤ワインのみとなっているが、白ワインにも非常に高いものも存在する

グラン クリュは5区画プルミエ クリュが20区画となっており、

合わせるとモレ サン ドニの6ほどを占める。

※ヴォーヌロマネを凌ぐ数字

1855年ラヴェル博士は「このワインに欠けているものは何もない」と記しており、

1936年にAOCに認定される

グランクリュ

■クロ ド ラ ロッシュ  

■クロ サン ドニ  

■クロ デ ランブレイ 

■クロ ド タール 

■ボンヌ マール  

③プレミエクリュ(主要) 

■モン リュイザン 

■レ ジュナブリエール

■オー シャルム

■レ ミラン

■クロ ソルベ

■レ ルショ

④生産者

ドメーヌ ポンソ

ドメーヌ デ ランブレイ

ドメーヌ デュ ジャック

ドメーヌ ペロ ミロ

 ※生産者詳細は次々回以降説明していきます。

次回は

モレ サン ドニの特徴である「力強さ(男性らしさ)」と「エレガントさ(女性らしさ)」についてどういった背景から生じるか紹介していきます。

最後まで読んでいただき有難う御座いました。

また次回

コメント

タイトルとURLをコピーしました